だれでも、求める者は(9月6日)

わたしはあなたを固くとらえ 地の果て、その隅々から呼び出して言った。 あなたは私の僕 わたしはあなたを選び、決して見捨てない。 恐れることはない。わたしはあなたと共にいる神。 たじろぐな、わたしはあなたの神。 勢いを与えてあなたを助け わたしの救いの右の手であなたを支える。 ——イザヤ書41:9−10

昨日から、超大型と言われています台風10号が日本に接近又は上陸するというニュースが流れていました。主日礼拝に来ることが出来るのか、どのようになるのかとみな心配していました。


幸い、礼拝開始時間には雨もひどくならずいつものメンバーがそろいました。それに加えて、「かなり久しぶりです」とM姉妹がおいでくださいました。「久しぶりのせいか、外環状線から見えるのに、入り口が分かりませんでした〜」とのことでした。そのとおりです。近くまで(「マクド」や「泉州路蕎麦」)は誰でも来ることが出来るのですが、最後の入り口が分かりづらいのです。日曜日だけは分かれ道の角に看板を置かせていただいていますが、平日は知っている人しか見つけられません。「何十年も住んでいたのに知らなかったわ〜」とおっしゃりながら最近来られた方があるくらいです。全然自慢になりません。


熊取教会は「外環(そとかん)から見える丘の上の素敵な教会」です。今はまだ田んぼのあたりから見ることが出来ますが、周りに建物が密集しだしたら外環からも見えなくなってしまいます。これは教会の新しい課題ですね。


さて、礼拝後の長老会も食事抜きという厳しいスケジュールで早々に帰宅しました。その直後から台風の影響が出始めました。突然の激しい雨と雷と激しい風が吹き始めました。まだ、遠くにいるのに大きな台風だと実感しました。台風の通過される地域に被害が及ばないようみな祈りました。



礼拝の記録

『だれでも、求める者は』(濱田美惠子伝道師)

 マタイによる福音書7:7−12

 

礼拝の音声はこちらから



お知らせ

◇9月20日(日)主日礼拝において75歳以上の方々を祝福する敬老祝福式が執り行われます。